新入社員が退職するタイミング

HOME > 謎の退職理由 】

謎の退職理由

事務所には5名の女子事務員がいてる職場で1名の新入社員が入社してきました。

少しおとなしめで、でもニコっと会話のできるごく普通の女性でした。

仕事に一生懸命に打ち込み、毎日何百件とある送り状の発行と、発送した内容が合っているかのチェックをしていました。

ひたすら仕事に打ち込んでいるので、普段何気ない会話することも少なく、昼食もお昼の時間帯が忙しくなる部署だったので、他の人が食べ終えてから遅めの食事をとっていました。

ゆっくり話した事がなかったので、どんな子なのかもわからなかったのですが普通に仕事をし、普通に挨拶をするような感じでいました。

ある日の朝、自動車通勤する社員ばかりだったので駐車場に次々女子社員が出勤してくるのですが、その駐車場の入口に年老いた夫婦が、怖い表情で立っていました。

車を降りて事務所に向かおうとすると、いきなり「お前か?!」と言ってこられ「え??」と返事を返すと「○○の親やけどな、お前がいじめてるんか!」と、新入社員の両親が待ち伏せて言ってこられました。

私がビックリしているとベテランの事務の先輩が出勤して来られて、夫婦に話を聞き夫婦を応接室に案内し、人事部長に状況を説明してくれました。

夫婦からの内容は、娘の車にいたずら書きしたメモが挟まっていて、娘に聞いてみると会社の人間だと思うとの事でした。

事務員全員あっけにとられ、まったくそんな事をする人もいなければ、する必要もなかったので、その事も説明してもらいましたが、まったく信用してもらえず、その日たまたま有給休暇を取って休んでいた社員にも確認をとる為に、家まで調べて押しかけて行ったようでした。

結局いじめられたから辞めさせるという感じで退職していきました。

何がなんだかわからなかったのですが、よく考えてみると、もしかして仕事内容が嫌で辞めたいけど、そのような親なので自分が嫌だからという理由だけで辞めさてもらえないだろうと思い、いたずらメモも彼女が自分でしたのではないかと思いました。

もう社会人なのだから、そこまでして親の目を気にしないければいけなかった彼女が可哀想に思えました。