新入社員が退職するタイミング

HOME

新入社員が退職するタイミング

新入社員で数ヶ月もすると仕事の雰囲気をなんとなく掴めてくるタイミングですね、その頃になると仕事が楽しい人楽しくない人何も感じない人と分かれてくると思います。

仕事が楽しくない人は楽しそうに仕事をしている人との感覚の違いに不安を感じ、このまま続けていけるのかの不安も感じてくると思います。

何も感じない人は、しばらく感じないままでもいいと思います。

学校とは違い友達関係での会話が主だったのが、仕事となると上司や得意先など関係の種類が増えて、対応の仕方も今までとはまったく違う人間関係を体験していかなければなりません。

それは単純に人と関わるようにし経験を積むことです。

初めは誰でも何もわからないものです、毎日経験を積むことで対応できるようになります。

経験というのも良いことは自信にも繋がっていきますが、失敗してしまった時が大切だと思います。

仕事の失敗は許されるものではありませんが、もしも失敗してしまったら、その時にどう思うかがこれからの仕事にも響いてくると思います。

失敗してしまった時に、フォローをしてくれる上司や仲間がいることも大切です。

日頃から仕事に関わる人と会話しコミュニケーションをとる事で、助け合っていけるようになります。

仕事さえやっていればいい、仕事での必要会話だけしていればいいではいけないと思います。

仕事以外で会話をして仲を深めていく事は長くその仕事につける方法だとも思います。

最近では仕事が終わって、上司と飲みに行くようなことも少なくなってきているようにも思いますが、少し無理しても時々そのような場に出向くと、

会社では言い出せないことも言えたりするものです。

思っていることを話せた人と仕事をするのは、お互いの関係にもよい空気が流れて、気持ちを少しでも楽にして仕事をしていけるようになると思います。

人見知りでも、人見知りと言うことを話して、自分はそういう人間だと言うことも理解してもらうのもいいでしょう仕事中にそのような会話はできませんから、場所をかえて話せる時をつくるのもいいことです。

しかし、そう伝えたからと言って、会話をしないでいることはいけない事です。

そこは、人見知りであってもできる限り人との会話を頑張る気持ちを持つようにしていくのも大切なことだと思います。

何が嫌で仕事を辞めたいと思うのかにもよりますが、わかっていても気持ちがついていかないとしんどいですよね。

きっと仕事の悩みを仕事場で打ち明けることができないからそう思うのではないでしょうか。

そんな人は、まず人と関わることを少しずつでもしてみてください。

でも打ち明ける人を間違えてもいけないとも思います、話しやすい人に話すことに意味があるのだと思います。

苦手な人に話しても逆効果になる恐れがあるので気をつけることですね。

仕事場で話せる人がいればいいのですが、新卒ですとなかなかそうもいかないと思います。

そんな時は、友達や身内に思っていることを話して、他の人ならどうするかを聞くと何か良い方法がでてくるかもしれませんし、話すことで気持ちが楽になると思います。

抱え込んで一人で悩んでいても解決はしないと思うので、話す事で何か進めるようにすることです。

仕事に自信がないとか人とうまくやっていけないとか思ったままを話すことです。

どこの職場もたくさんの人と仕事をする訳ですから、嫌な人はどこに行ってもほぼいてると思います。

嫌な人に上手に対処できるようにならなければ、どこに行っても辞めてしまわなければいけないので、そういう対処ができる訓練だと思ってやってみてください。

対処といっても難しいですが、その人になるべく関わらないようにするとか、

関わらないといけなくて嫌な事を言われた時は、そういう人だからと割り切れるようなるのではないかとか、人に話せば色々な案が聞けるかもしれません。

嫌な人がいても、それ以上に話せる人がいると自分に余裕ができ対処できるようになっていくと思います。

仕事は辞めることって簡単です、なので辞める前にできることをしてみて下さい。退職を考えるタイミングはそれからでも遅くはありません。

抱え込まないでまず話せるだけ話すようにしてみてください。

やってみて無理ならば次の転職先で訓練ですね。

そんな気持ちで今は辞める時かまだここで訓練するべきか少し考えてみてはどうでしょうか。